Siセンサーコンロで安心安全

Siセンサーで危険を感知して、消火。最新のガスコンロは安心・安全です。

 IMAGE0331.jpgSIセンサーロゴ.jpgpoint01.jpg                     

                

現在販売されている家庭用のすべての2口・3口のガスコンロに、Siセンサーの搭載が義務づけられています。

台所の火災の最大の原因は、調理中のついうっかりのほったらかしによる、鍋やフライパンのの調理物の発火が原因です。だからIHクッキングヒーターでも火災事故が発生しているのです。

鍋やフライパンのがガスや電気にかかわらず、温度センサーの感知が大事になります。

Siセンサーコンロは鍋やフライパンの底に直接センサーを当てて安全管理をするので、天板の下にセンサーがあるIHクッキングヒーターに比べ信頼性が高く、センサーのついてる部分の事故はかなり防げています。一方で、IHクッキングヒーターの場合センサーが感知するより早く油などが発火してしまい、火災事故になったケースがあります。

▲このページのトップに戻る