業務用空調節電の切り札 GHP

一般家庭向けではないですが…、ガス関連の商品で、こんな商品も環境に役立っています。

GHP(ガスヒートポンプエアコン)

節電を考えるにあたって、一番電気の使用が激しいのは、空調。

業務用向けですが、今、GHP(ガスヒートポンプエアコン)が脚光をあびています。

ガスでエアコン?と思われる方が多いと思いますが、通常の空調のシステムと基本は同じになります。

では、何が異なるのか?

答えは、空調のコンプレッサーを、電気モーターで動かすか、ガスエンジンで動かすかの違いになります。

このため、使用電力を大幅に抑え、契約アンペアを抑えることができるので、空調の規模が大きいほどメリットは大きくなります。

また、ガスエンジンならではの特徴として、エンジンの廃熱を暖房に有効活用する点もあります。

気温が暑くなっても、寒くなっても、電気の使用量が抑えられる上にあまり変わらないため、節電要請に対し、非常に有効的な手段となります。

ご相談はごとうまでお気軽にご相談下さい。

▲このページのトップに戻る